サバゲ用に買った無線アイコムIC-4300のレビュー

iCOM IC-4300開封

今までもずっとサバゲで同じ型の無線を使ってるんですけど実は自分の持ち物じゃなくてチームメンバーからの借り物でした。

でも流石にそろそろ自分で無線を買ったほうがいいかと思ってサバゲに行く前日にAmazonでアイコムIC-4300を注文してみました。

注文時間が朝の7時ぐらいやったんでAmazonプライムのお急ぎ便でその日の夕方に到着しました。

簡単にですけどサバゲーマー御用達無線のアイコムIC-4300をレビューします。
 

発送状態のチェック

iCOM IC-4300の梱包
Amazon定番のいつものダンボール箱で送られてきました。

iCOM IC-4300とマイクロホン
今回箱の中は緩衝材とかはなくて商品が強力なラップみたいなやつでパッキングされた物が箱の底面に接着されて動かなくなってるいつものAmazon梱包でした。

基準はわかりませんけどこの状態でも緩衝材を入れてるときと入ってないときがあります。まあなくても全く動かないんで問題ないです。

商品外装と付属品のチェック

iCOM IC-4300開封
ちなみに今回はIC-4300本体とアイコム純正のマイクロホンHM-186PIも購入してます。やっぱ本体だけではちょっと取り付け位置を考えなアカンかったりで不便ですからね。

社外品の安いマイクロホンも売ってるんですけどAmazonのレビューを見るとあんまり評判が良くなくて当たり外れが激しいみたいなんで、今回は純正品を選びました。なんせ買った翌日に使いますからね。

iCOM IC-4300パッケージ裏面
本体パッケージの裏面には各ボタンの説明とか定格とかの基本情報が書いてあります。

iCOM IC-4300定格表示
使えるチャンネル数は47chあるんでよほどのことが無い限りサバゲフィールドではバッティングせずに使えますね。使用する電池は単3乾電池1本だけなんで経済的です。

iCOM IC-4300各部の名称
電池の使用時間についてアルカリ乾電池で33時間って書いてるんですけど、今まで使ってた間隔としてはもっと長く使えてるような気がします。

iCOM IC-4300本体
箱から本体を取り出してみました。正面の液晶下にボタンが3つ、本体上部に電源兼音量つまみがあるだけの簡単設計です。

iCOM IC-4300本体のクリップ
本体裏面はベルトやポケットに付けられるクリップが付いてます。ちなみに無線ポーチ使うからこのクリップ邪魔やなって人でも安心、ちゃんと取り外せるようになってます。

クリップの着脱には工具は必要なく手で普通にできます。

iCOM IC-4300用マイクロホン
続いてマイクロホン、白文字でiCOMって表記してるのはもうちょっと分かりづらくして欲しかったなって思いますけど、正直これで見つかる時点ですでに敵に姿を発見されてるから影響無いですね。

iCOM IC-4300用マイクロホン裏面のクリップ
マイクロホンの裏側はチョット小さいけど結構強力なクリップが付いてるんでプレキャリとかアーマーの肩部分のモールにサクッと差し込めるようになってます。

あとこのクリップは360°回転できるようになってるんで横向きとか逆向きにも取り付けできます。地味にこの機能が便利です。

IC-4300をサバゲで使用してみた感想

まあ今までも同じものを使ってたんで今更感もあるんですけど、小さいし電池持ちもいいし使いやすいですね。

他の無線機は使ったこと無いんで比較できませんけど、チャンネルの設定とかも画面を見て直感的にできるし快適です。

それと純正のマイクロホンを使ってるからか若干スピーカーから聞こえてくる音もクリアな気がします。ただこれに関してはフィールドでの混み具合にもよると思うんではっきりはわかりません。

あとサバゲ以外にもスノボとか登山の時に仲間と一緒に使えたら便利な気がするからそのうちもう一台追加購入しようと思います。

今回僕が買ったのはこちらです。
 

突撃兵オグリン

突撃兵オグリン趣味を仕事にする人

投稿者プロフィール

運動が嫌いだけどアウトドア派の水樹奈々好きなアフィリエイター。
サバゲはダイエットと運動不足解消を兼ねて始めました。
あまり細かいルールに縛られるのが嫌いなのでゆるい感じのフィールドが好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

ご質問はこちらから

何か気になることやご感想などメールでもご質問頂けます。
⇒ お問い合せフォーム
ページ上部へ戻る