UFCのCQCタイプホルスターのレビュー

UFC CQCタイプホルスター

新しくUFCのCQCタイプホルスターを買ったんで紹介します。

もともとはナイロンタイプの汎用型レッグホルスターを使ってたんですけど、あれって走ってたらずれてきたり、いざ使う時にハンドガンを抜きにくかったりでちょっと使いづらいですよね。

でもCQCタイプホルスターやったらボタンを押してすっと抜けるから便利です。

ハンドガンをすぐ抜けるようになったらサバゲの戦い方も広がって面白いですよ。

今回買った商品はこちらです。下のリンクはAmazonですけど実際にはフォースターのウェブショップで購入しました。

スポンサーリンク

梱包状態の確認

UFC CQCタイプホルスター梱包
佐川急便で正方形な割と小さめのダンボールで届きました。

UFC CQCタイプホルスター開封
箱を開けてみたら緩衝材の紙が入れてあります。

UFC CQCタイプホルスターの配送状態
紙をどけてみたらビニール袋に入ったホルスターが出てきました。

UFC CQCタイプホルスターボタン部分
このボタン部分が銃をロックする要の部品になってます。

スポンサーリンク

内容物の確認

UFC CQCタイプホルスター内容物
ついてるものはシンプルでホルスター本体とベルトループ、ヒップホルスター用パドルです。

標準状態ではベルトループがホルスターに装着されてます。細めのガンベルトを使ってる場合はこれをそのまま使えば大丈夫です。

僕は持ってるガンベルトがかなり太いんでそれだと使われへんのでヒップ用のパドルをベルトに差し込んで使ってます。

実際に使ってみた感想

まず銃の固定ですけどこれはかなりガッチリホールドされてるんでまず落下の心配はなさそうで安心です。

次に銃の抜きやすさですけどこの個体がそうなんか、メーカーがそうなんかわかりませんけど、リリースボタンがちょっと硬くて指の力が弱いと抜くのに時間がかかります。

さらにその硬さの弊害で銃のトリガーガードに薄い擦り傷が付きます。神経質な人は止めといたほうがいいですね。

僕はサバゲに使う道具は汚れるし傷がついていつか壊れると思って使ってるんでこれでも十分ですけどね。

あとガンベルトに付けて使うんでどうしても銃の固定位置がちょっと高くなるからなれるまでは銃を抜くのに苦労します

取り付け位置を下に下げるドロップダウンパーツみたいなのが販売されてるからそれを使うとちょうど抜きやすい高さに調整できます。

とまあ気になることは割とあるけど今までのナイロンホルスターではハンドガンを抜こうとすら思えなかったですけど、CQCホルスターでは武器変更の選択肢が増えてサバゲももっと楽しくなりました。

まとめ

UFCのCQCホルスターのレビューでした。

多少硬かったり使いにくい点もありますけど十分実用できる商品で割と満足です。

何より今までハンドガンを使う気にすらならなかったんですけど、すぐにハンドガンを使えるのは嬉しいです。

多分実物とかはもっとボタン部分が押しやすかったりで使いやすいんでしょうけど、サバゲーで使うにはこのレプリカタイプで十分です。

⇒ UFC CQCホルスターの価格をチェックする

スポンサーリンク
突撃兵オグリン

突撃兵オグリン趣味を仕事にする人

投稿者プロフィール

運動が嫌いだけどアウトドア派の水樹奈々好きなアフィリエイター。
サバゲはダイエットと運動不足解消を兼ねて始めました。
あまり細かいルールに縛られるのが嫌いなのでゆるい感じのフィールドが好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

ご質問はこちらから

何か気になることやご感想などメールでもご質問頂けます。
⇒ お問い合せフォーム
ページ上部へ戻る